クラウド型の勤怠管理システムを導入するには色々なメリットがありますが、タブレットやスマホ・ICカードなどを用いて出勤や退勤時間を打刻することや、退勤管理システムで指紋や指静脈などを用い生体情報の認証を行います。

このような打刻システムや、個人だけのICカードをタイムカードがわりに使用する方法もあり色々な方法で不正打刻を防ぐことができますし、打刻記録がデータ化されるのでわざわざ手作業でデータの転記をしミスをすることがありません。

タブレットとスマホ

直行直帰が多い営業職などの勤怠管理もクラウド型の勤怠管理を用いることで、簡単になりますしGPS機能を持っている携帯電話・スマホと連携することで勤怠システムを用いれば、外出先であっても打刻をさせることが可能です。

打刻した時点でいた場所の位置をGPSによって確認することも可能なので、不正報告を防ぐことができますし業務時間や雇用形態ごとに割増賃金計算をする場合、出勤・退勤時刻のデータを確認し効率よく計算していきます。

記録されているデータは全て給与計算システムで出力可能なので、計算・明細の発行が簡単ですし手作業で計算をする場合に比べると人為的なミスが少なくなり作業が効率化できるので、タイムカード代も節約可能です。

また遠方にある事務所などはタイムカードを発送することもあり、クラウド型の勤怠管理システムを利用すれば発送費が必要でなく消耗品や保管するための倉庫代も必要がないので、色々なメリットがあります。

社内規定を改正したり法律の変更もクラウド型の勤怠管理を利用すれば、簡単に対応可能で運営会社が全てのシステムを管理しているので、無償でアップグレードしてくれることもありシステムの変更も自由に行えます。

システムは全体的に一斉に変更することができますし、サービスにより設定変更予約をすることができるので、集約されたデータは企業から見ても貴重なデータ資産で部署ごとに比較したり季節ごとの変動へ注目することができます。

人員に対する需要予測・効果的な配置へ気づくこともたくさんあり、クラウド型の勤怠管理はサービスごとに料金が異なりますし、ライセンス方式があるので初期投資が必要だったり月額料金だけ必要なケースがあります。

タイムカードは月末締めで初めて集計を行うので、そこから人件費の計算も可能ですがクラウド型ではその最中でも労働時間の集計ができるメリットがあり、パートやアルバイトを抱えている小売業などでは便利な仕組みです。