業務効率を上げる原則は、社員のエンゲージメントを高めること!

ミーティングをしているひとたち

業務効率をあげる原則として、社員エンゲージメントを上げることが基本ですが従業員が抱いている貢献意欲が高まり、国内のマーケティング用語として使われることもありますが、人事や組織開発用語として用いられることもあります。

顧客が企業を始めサービス・商品やブランドに抱いている愛着や、愛着を持っているとするターゲットが取る行動に対してエンゲージメントと呼んでいるので、SNSなどに関連して使われることが多いです。

SNSを始めウェブサイトなどではそれらを通して、ターゲットとの繋がりをさらに深めるための指標として用いられますし、人事や組織開発の用語としては社員エンゲージメントがあり違いもはっきりしています。

学術的な面で発展した用語でもありますが、エンゲージメントが高い社員は基本的に活力や熱意・没頭する要素があり、これを持っていることが必須ですしその反対の存在はバーンアウトと呼ばれていて燃え尽きた社員という意味になります。

産業化でも発展している用語ですが世界的にも知られていて、それが広まったのは社員に対する用語が先でエンゲージメントが個人の状況に対して注目しているのとはかなり異なっていて、個人との関係性に注目しています。

国内でも注目され始めている業務効率ですが、主な理由では人員不足によって人的資本へ重要性が増したことや、主体的な社員の働きが求められる状況になっていることがあります。

国内では人口が徐々に減少していますがさらに2050年に人口が一億人を切ってしまう予測があり、それに合わせた労働人口も合わせて減少していくので、企業は人的資源をさらに重要視するようになっています。

働き方を改善していく捉え方も大きく変化していて、転職の一般化をすることや人材の流動性が高まりつつあり、有望で優秀な人材を他へ流出させないように対策をとることが注目されます。

人的資産が注目されていくにつれて、従業員や組織との繋がりを示す目的の社員エンゲージメントが注目され始め、社会にあふれている情報の倍増や社会構造が複雑になっていくことで多様化が増え続けます。

社会の多様化が急速に変化していくにつれて、今まで機能していた機械的な仕組みでは対応しきれないので、企業が柔軟な対応をするためには社員が主体的に考えながら行動することが大切になります。

社員エンゲージメントが多くの企業から注目され始めている理由は、それらを高めることで主体性も高められることがあり、深い関係性があると判断しているからです。