人事の仕事をアウトソーシング(外注)することのメリット・デメリットとは

パソコンで仕事をしているひと

アウトソーシングは業務を外部へ委託することによって、専門的な外部の知識やノウハウをさらに有効活用することができ、自社が目的としている業務への戦力になるように経営手段の一環として用いられます。

人事の仕事のアウトソーシングは、採用業務や社員研修・給与計算などの業務が対象ですが企業立案を社内で行うことで、業務遂行だけを委託することもありますし企画立案や業務遂行まで全てを委託するケースもあります。

たくさんの企業がアウトソーシングを利用していることになりますが、そのメリットは毎月行っている給与計算などの定型業務を外注することで、処理に関わる人材の時間をさらにコアな業務へ振り分けることが可能です。

人事の仕事の策定や教育研修・企画を立案することなどがコアな仕事になりますが、給与計算の場合は毎年変更される法律関係について理解しておく必要があり、1円でも間違えることができない責任が大きい業務になります

。常に定型業務とされますが担当者にとっては負担が大きいので、コア業務は専念したくてもできない環境に置かれているときは、外注することで大きな問題も解決することができます。

社会保険制度や労働関連法令などに対して、毎年改正されますがそれらの内容は社内規定の業務フローや規定の煩雑な業務がありますし、社員教育や研修は外注を介し参考にすることで効果が上がることもあります。

専門性が高い分野を常に外注することで外部のノウハウを活かしながら業務を進められますし、既存の業務フローを再確認することができ、無駄になっている業務の削減をすることができます。

給与計算や人件費などの管理システムを含め、アウトソーシングを取り入れることでコスト削減が計画的に行われることも大きなメリットですが、その中にはデメリットもあり必ず良いことばかりではありません。

専門性が高い業務を外注すれば任せきりになりやすいですし、委託した部分は組織の中に蓄積させることが困難で、自社へノウハウが培われないので専門性が高い業務を外部へ任せっきりにはしないようにします。

委託した部分のノウハウを組織の中に蓄積する事が困難になり、自社にノウハウが培われなくなってしまいます。アウトソーシングをする業務は、社内のリソースに関して行うべきではない業務を定義しており、そもそも社内で考えるやるべきではない業務はないとも言え、ノウハウがない状況はリスクが高いのである程度の情報は知っておく必要があります。