フレックスタイム制を導入したら社員の評判は高かった!そのメリットを解説

フレックスタイム制は社員が毎日始業・終業時刻を自分で決定し働くことができる制度で、導入する場合は就業規則に対してフレックスタイム制を規定し、労使協定を締結する必要がありますが届出は不要です。この制度は各社員の自主性へ委ねている部分が大きいですし、メリットは勤務時間を変えることで通勤ラッシュを避けることができますし、各社員ごとにあった時間配分で業務を行うことで効率性がよく、残業の軽減にもつながります。また働き方が今までとは違い自由なイメージがあるので、優秀な人材を採用しやすくなったり定着してもらえる傾向がありますし、夏は電化製品の節電対策の一つとして出勤時間をずらすことができます。

社員から見てこの制度は評判が良く公表とも言えますし、集中力を必要とする研究開発をするような社員・女性社員にとっては自分の成果を上げることや、ライフバランスをとっていくには必須とされています。反対にデメリットもあり企業間の取引や他の部門との連携を必要とする業務では、時間を合わせることが難しくなり、現実的には導入できる職種も限られてくるので全ての業務に当てはまらない可能性があります。社員の中でも自由度が高い制度であれば自己管理ができないという人もいて、フレックスタイム制度が時間に対してもルーズにして良いと判断される傾向があるので、人によって向き不向きがあるということです。

フレックスタイム制の評判は良い反面問題点もありますが、ルーズな運用をしっかりと管理することで解決できる可能性があり、ルーズな人が増えれば優秀な社員が離職する可能性も高まります。働きたいと思われる職場環境ができれば、今後優秀な人材を集めることも簡単になるかもしれませんし、この制度を導入する時にはその目的を明確にして、社員と企業側が正しく理解しながら運用していくことが、うまく両立させていくポイントですし皆が有効に活用していける環境です。誰でもこの制度を取り入れることができるのはリスクが高く、人によってはルーズになるケースもあるので制度を適用する社員の範囲を明確にし、規律を正していく必要があります。

必要に応じて必ず出勤していないといけない時間帯や、定められた時間内に出勤・退勤時間を決めることができる状態など、ある程度の制限を設けることで業務に支障が出ないようにします。労働時間に対しての意識低下や取引先へ対するサービスの低下が発生すれば、企業へマイナスの影響が出るため最終的にデメリットの面が大きくなりますが、業務フローや企業側がマネジメント力を図ることで解決させます。