テレワークの一つ「在宅勤務」の特徴は?

在宅勤務はテレワークの一つですが、まずテレワークとは離れた場所・働くという単語を合わせた造語で情報通信技術を活用している、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことを言います。在宅勤務はオフィスへ出勤しない働き方で、自宅を就業場所とし現在の情報通信機器・通信サービスが普及していることで、テレワークを取り巻いている環境はとても変化しており多くの企業が取り入れます。社員の意識調査の中でも在宅勤務を希望している人が24%もいますし、就業規則などの細かな設定が必要ですが在宅勤務を含めるテレワークは、企業として取り入れるべき体制になっています。

在宅勤務には企業側のメリットがあり、人材を継続して雇用したり事業運営に必要なコストを削減・業務プロセスを改めたり、非常時に事業継続計画をすることなどが挙げられます。イメージしやすいのが人材の継続雇用や事業運営コストの削減ですが、日々の出勤を義務にしないことで社員が育児・介護などのいろいろな状況下にいても、働きやすくなるので継続雇用が実現できます。また大きなオフィスが必要ではないので家賃・光熱費などの事業運営をする上でのコストを削減することも可能で、業務プロセスを革新することは、在宅勤務としてふさわしい業務を選別する必要があります。

現行の仕事の進め方についてさらに見直すきっかけになりますし、日々の通勤ラッシュは皆同じ時間帯に出勤するためとされておりこの対策としても、在宅勤務の有効性を発揮することになります。育児や介護・高齢者や障害者などいろいろな事情があり、テレワークとしての就業が有効手段ですし自宅にいながら会社へ出勤した時と同様の作業ができれば、企業側も電気代や交通費などのコストが削減できます。介護のために離職する人が増えている中これらが大きな問題になっており、その問題の対策としても有効ですし企業自体のイメージ向上や採用面でも好影響をもたらすので、強い結びつきになりつつあります。

メリットは家族と過ごす時間が増えますし家事や育児と両立ができ、自己啓発をする時間が増えタイムマネジメントを意識しながら自己管理や自立をする働き方が可能になります。その反対に人とのコミュニケーションが不足する可能性がありますが、最近はコミュニケーションを図るためのツールが簡単に導入できますし、離れて仕事をすることで意識を持ってコミュニケーションを取る傾向にあります。