オフィス環境の改善で生産性が上がった事例を紹介!

パソコンで仕事をしているひと

IT環境が進展したり生活スタイルが変わるとともに、オフィスが知的創造空間として働く人のモチベーションへ大きく影響するようになっており、オフィス環境は仕事をする上でかなり重要な立ち位置になっていると言えます。事業構造が主体であった今までのものづくりが中心の業態から、ことをつくることへとシフトしてきており優れた知恵や新しいアイデアが求められ始め、人と人が交流するためのアイデアスペースとしての役割があります。このような社会でオフィス環境は人と人の活気がある交流をするために、知識創造スペースや1人で集中して取り組むことができるワークスペースという視点で見られ、それを意識して改善していくことが大切です。

オフィス環境や労働環境が転職する理由の一つになっている時代で、環境の改善は投資要件で環境が人に与えているウエイトははかりきれないものがありますし、環境によって精神的なものも変わってきます。特に仕事をしていると1日の大半をオフィスで過ごすようになり、働き方だけにとどまらず考え方や人格に対しても影響を及ぼすので、適切な広さがあり集中できる環境が整っていれば生産性も高くなります。仕事に必要なものを効率的な動線常に配置し行動の一つを取ってもストレスを生み出さないことが大切で、さらにこれが時間の無駄を省いてリフレッシュができるカフェやフリースペースを確保します。業務で煮詰まっている状態をリフレッシュさせることができますし、同僚や上司とコミュニケーションを図ることで、新しいアイデアが研ぎ澄まされる可能性が高く新鮮な気持ちで仕事に取り組むことが可能です。

改善をするにはコストがかかりますが経営側にもメリットがあり、オフィス環境を見直すことで経営理念を再確認することができたり、社内のシナジー効果を生み出し波及効果が期待できます。働く環境が整えば社員の満足度もアップしますし、優秀な社員が他社へ流出することを防止する効果があり、オフィス環境はデザインだけではなく働く人のモチベーションを管理することもできるポイントです。仕事に集中できる個人のスペースを確保することでパソコンや電話で業務をこなせますし、業務環境も必須とされていてリフレッシュルームやミーティングルームでは社員同士の交流を持て新たな知恵が生まれます。営業業務が多い会社では外出先から戻ってくる社員のために冷房をきつくしていることもありますが、この部分は内勤業務の人にとって快適な温度設定で整えられていることがオフィス環境の改善につながります。